学校案内

年間スケジュール

カリキュラム

分野 教育内容 授業科目
基礎分野 科学的思考の基礎、人間と生活・社会の理解 論理と表現
情報科学
倫理学
発達心理学
社会学
日本文化論
人間関係論
家族関係論
教育学
英語Ⅰ
英語Ⅱ
保健体育Ⅰ
保健体育Ⅱ
専門基礎分野 人体の構造と機能 解剖生理学Ⅰ 人体の構造・生命維持機能
解剖生理学Ⅱ 循環器・呼吸器・免疫系
解剖生理学Ⅲ 消化器・泌尿器・内分泌・生殖
解剖生理学Ⅳ 骨格・筋、脳・神経、感覚器系
疾病の成り立ちと回復の促進 病理学
疾病と治療Ⅰ 脳・神経、感覚器系
疾病と治療Ⅱ 呼吸器系、循環器系
疾病と治療Ⅲ 消化器、腎・泌尿器系
疾病と治療Ⅳ 内分泌・代謝、生体防御系
疾病と治療Ⅴ 運動機能、女性生殖器系、歯・口腔疾患
疾病と治療Ⅵ 小児に特徴的な障害
疾病と治療Ⅶ 精神
栄養生化学
微生物学
薬理学
リハビリテーション看護
健康支援と社会保障制度 医療概論
看護と法律Ⅰ
看護と法律Ⅱ
公衆衛生Ⅰ
公衆衛生Ⅱ
社会福祉論
専門分野Ⅰ 基礎看護学 看護学概論
共通基本技術Ⅰ コミュニケーション、指導、感染予防
共通基本技術Ⅱ ヘルスアセスメント
共通基本技術Ⅲ 看護過程
日常生活の援助技術Ⅰ 環境
日常生活の援助技術Ⅱ 食事・排泄
日常生活の援助技術Ⅲ 活動・休息
日常生活の援助技術Ⅳ 清潔・衣生活
診療に伴う援助技術 検査治療過程における看護
臨床看護総論
基礎看護学実習
専門分野Ⅱ 成人看護学 成人看護学概論
成人看護学方法論Ⅰ 急性期・回復期にある患者の看護
成人看護学方法論Ⅱ 周手術期にある患者の看護
成人看護学方法論Ⅲ 慢性期にある患者の看護
成人看護学方法論Ⅳ 終末期にある患者の看護
成人看護学方法論Ⅴ 救急看護
老年看護学 老年看護学概論
老年看護学方法論Ⅰ 高齢者の生活援助論
老年看護学方法論Ⅱ 健康障害のある高齢者の看護
老年看護学方法論Ⅲ
小児看護学 小児看護学概論
小児看護学方法論Ⅰ 小児の成長・発達に応じた看護
小児看護学方法論Ⅱ 健康障害のある小児の看護
小児看護学方法論Ⅲ 治療を受ける小児の看護
母性看護学 母性看護学概論
母性看護学方法論Ⅰ 正常な経過をたどる妊産褥婦の看護
母性看護学方法論Ⅱ 健康を逸脱した状況にある妊産褥婦の看護
母性看護学方法論Ⅲ
精神看護学 精神看護学概論
精神看護学方法論Ⅰ 精神看護援助方法
精神看護学方法論Ⅱ 精神障害のある対象の看護
精神看護学方法論Ⅲ
臨地実習 成人看護学実習
老年看護学実習
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習
統合分野 在宅看護論 在宅看護論
在宅看護方法論Ⅰ 在宅看護援助方法
在宅看護方法論Ⅱ 在宅で療養する対象の看護
在宅看護方法論Ⅲ
看護の統合と実践 看護管理
看護研究Ⅰ
看護研究Ⅱ
医療安全
国際・災害看護
臨床看護の実践
臨地実習 在宅看護論実習
統合実習

実習施設

医療機関 茨城県厚生農業協同組合連合会 総合病院 土浦協同病院
つくばセントラル病院
取手北相馬保健医療センター医師会病院
小山記念病院
名戸ヶ谷病院
神栖済生会病院
筑波学園病院
筑波病院
豊後荘病院
つくば病院
介護施設 静霞園
くきの里
デイサービス桑林
花室長寿館
佐瀬トータルケアセンター
みらい訪問看護ステーション
訪問看護ステーション東取手
桜水会訪問看護ステーション
取手医師会訪問看護ステーション・ひまわり
その他 保育園 はなむろ園

3年課程

性別
女性 29人
男性 13人
年齢層(平均 23.9才)
年代 学生数
10才代 19人
20才代 13人
30才代 9人
40才代 1人
 

※平成25年度 3年課程

1.土浦看護専門学校を選んだ理由
新設校ということで校舎も新しく、周囲の環境も静かです。庭園には、学問の木である楷の木や楠の木が植えてあり、自然と勉学に集中できる環境になっています。学ぶ環境に最適な条件になっているため、本校を志望しました。

2.自分を成長させてくれた授業・実習
3年課程の1年次には体育という時間があり、高校以来の授業でとても新鮮でした。また、スポーツ大会もあり、クラスメートと力を合わせることで勉学にもクラスの雰囲気もよくなったと感じました。体を動かす機会を与えてくれたことでリフレッシュでき勉学にも集中できるようになりました。

3.土浦看護専門学校で学ぶ魅力
学ぶ環境は最高!!先生方もやさしく教えてくださいます。が、時には厳しいです。自分が間違った方向に走ってしまいそうになったときには、その道を正しい方向へ修正してくれる生徒想いの先生方です。そういった先生の下、学べるということは魅力だと思います。学校を卒業してからの人生にプラスになります。自分がこの3年間で変われると確信します。

4.私の「看護」
私の「看護」として、「笑顔」をテーマにしたい。患者さんが少しでも「笑顔」になってもらえるよう、自分も含めて看護師・医師、医療従事者の皆さんが「笑顔」になれればと思います。「笑顔」を提供できる看護師になれればと思っています。

5.受験生へのメッセージ
「徳育」のもと、自分が変われる学校だと思います。看護師になるのはもちろんですが、これからの人生にプラスになることを学べる学校だと思います。ただ学ぶのではなく、どのような看護師になるか、看護師としてどのような人生を歩んでいきたいかという目標が大切だと思います。始めはイメージができない方もいると思いますが、学んでいく中で目標ができ、目標へと導いてくれる学校です。受験生の皆さんと一緒に学べることを楽しみにしています。

 

1.土浦看護専門学校を選んだ理由
私が本校を志望した理由は、徳育という教育概念と自然豊かな環境で落ち着いて学ぶことができると考えたからです。新設校であるため、自分たちで「学校のカラーを創り上げていく」ということに魅力を感じています。

2.自分を成長させてくれた授業・実習
私は解剖生理学の授業を受けて、初めて学ぶことの素晴らしさ・楽しさを実感しました。解剖生理学はとても難しいのですが、先生方の授業がとても面白く、わかりやすいため自然と学ぶ姿勢を身につけることができました。

3.土浦看護専門学校で学ぶ魅力
本校からは霞ケ浦や筑波山など美しい自然を見ることができます。勉強で疲れたとき、学校周辺から見える景色が私たちを癒し、リフレッシュさせてくれます。

4.私の「看護」
看護において大切なことは、思いやる気持ちをもち、相手の立場に立って考えることだと思います。患者さんや御家族の気持ちに寄り添えるような看護師となるため、知識や技術を3年間かけて学んでいきたいと思います。

5.受験生へのメッセージ
受験勉強や面接の準備など大変だと思いますが、体調を崩さないように頑張ってください。
私たちと一緒に本校で学びましょう。

 

1.土浦看護専門学校を選んだ理由
第一期生である自分たちによって、この学校のカラーや基盤となるものを築き上げたいと想い、当校を志望しました。他の学校にはできないことをやりたいと思います。

2.自分を成長させてくれた授業・実習
私を成長させてくれたのは、基礎看護学実習です。
不安で始まった実習でしたが、臨床指導者さんからの御指導や患者さんとの関わりの中で、たくさんの学びを得ることができました。この経験は、私にとって自信へとつながり、成長させてくれたものとなりました。

3.土浦看護専門学校で学ぶ魅力
実習室での演習は、看護の基本を学ぶために必要な物品や設備が整っています。講義ではたくさんのわかりやすい資料を配布してくださいますし、パワーポイントを通し、目で見て聞いて考えながら臨んでいます。

4.私の「看護」
「笑顔」「思いやり」
しかし、まだ「私の看護」について明確ではありません。これからの学校生活の中で、授業・実習を通して「私の看護」をみつけていきたいと思います。

5.受験生へのメッセージ
楽しいこと、辛いこともあります。他の学校では学べないことや経験できないことが当校にはあります。皆さんと一緒に学べることを楽しみにしています。